まったりのったりぐでぐで日記

本ブログは、一人三役でお送りする日記もどきです。
たまに小説も載っけます。
更新がとびとびなのは……どうか、堪忍を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登場キャラ設定(仮)

この設定はあくまでも(仮)であり、本編とは違う可能性があります。


トシ(仮)
主人公。男。
平穏無事、平々凡々に暮らしたがっている隠れオタ。といってもオタ度数は若干低め。メイド好きだが、三次元のメイドに興味はない。
あらゆる「仲間外れ」を見抜く能力を持っていて、それを利用してこれまでの人生を乗り切ってきた。本人にその気はないが、ぶっちゃけ世界を取れる能力かも知れない。
ただし、純粋な戦闘能力は極めて低い。本人のやる気もないので、色んな意味で活躍は期待出来ない。
ヒロインの話によれば、かなり特殊な存在らしいのだが……。

こー(仮)
ヒロイン。女じゃない訳はない。
突如主人公の家に不法侵入してきやがった自称妖怪。自称主人公のメイド。
簡単にいえば落ちこぼれで、主人公から妖力をもらう為にやってきた。主人公に絶対の忠誠を誓っているが、次から次へとトラブルを招く厄病神。しかもドジ。
主人公はもうどうでも良くなってきているようだが、本人はいつも謝っている。根は真面目で優しく素直で天然で寂しがり屋。家事の腕前はプロ級だが、根本的なところでメイドには向いていない。
主人公に少しでも気に入られようとあれこれ画策するが、常に空回りしている。主人公も彼女の気持ちは分かっているので、呆れながらもまんざらでもないようだ。

さな(仮)
ヒロイン2。お嬢様。
主人公とは幼馴染で、兄妹同然の関係。突然姿を消した主人公を追いかけ、転校してくる。
一応お嬢様という事もあって学校では少し他人行儀だが、二人きりの時はお兄ちゃんお兄ちゃんとどこまでも甘えてくる。クーデレといえばそうなのだろうか。
ちなみに背は主人公よりやや高い。いわゆるモデル体型で、はっきり言って主人公の好みじゃない。
主人公にとっては、妹というよりも最大の天敵。自分のペースを掻き乱す上にしょっちゅう厄介事に巻き込んでくれるので、本音を言えば近寄りたくない。それでも息が合ったコントのような会話を繰り広げるあたり、仲良しと言えばそうなのかも。

つるぎ(仮)
サブヒロイン。ヒロイン2の付き人。
ある意味こちらの方が正当なメイドであり、ヒロインとは違ってかなり優秀。しかもヒロイン2のボディガード的な役割も担っているため、無茶苦茶強い。
なんだかんだで主人公とも長い付き合いであり、それなりに仲がいい。彼女にとっては、主人公は手のかかる弟のような存在である。
主人公が人間ではない事を知り、ヒロイン2から遠ざけようとするが……最も複雑で、辛いのは彼女かも知れない。ヒロイン2を守るためならば、どんな汚れ役でも進んでやる人物。
それがたとえ、主人公に刃を向けることであっても……。

猫又(仮)
主人公から妖力を奪うためにやってきた。ヒロインよりも、主人公の正体には詳しいらしい。
あらゆる手を使って、主人公の中に眠る力を目覚めさせようとするが……。

化け狸(仮)
主人公の父親であり、ヒロインの父親でもある。とはいっても、どちらとも血縁関係にはない。
ある意味諸悪の根源であり、影の黒幕。ヒロインに自らの全てを託す為に主人公を生み出した。
かなりの実力の持ち主であったようだが、既に死んでいる為詳細不明。

その他
学校の先生。女性。ノリが軽い。行き遅れになるまいと焦っている。
クラスメイト。男子も女子も浮ついている。今のところ、特定の誰かが活躍する予定はない。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/28(木) 23:28:06|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とあるモノローグ

私に残された時は、もう長くない。
だからこそ、愛しき娘に全てを託そう。
血の繋がりがなくても、種族が違っても。我々は、確かに親子だったのだから。
まだ見ぬ息子よ。娘を頼む。
お前には苦労をかける。だが、いつか気付いてほしい。
お前が歩む道は、お前が選んだ道だという事を。
お前の苦しみは、悲しみは、怒りは。全て、未来の喜びに繋がっていることを。
間もなく、私という存在は消える。
だが、悲しむ事はない。
私には、輝く未来が見えているから。
我が子供達が手を取り合い、笑っている未来が。
願わくば、我が想いが。我が心が。
どうか、愛しき子供達に届きますように。
……出来る事なら。
ほんの一瞬で良い。夢などではなく、現実にこの目で見たいのもだ。
二人の成長した姿を。幸せな笑顔を。
だが、それは叶わぬ夢。
その夢を守る為にも。
今、私は私という存在を放棄する。
何にも代え難い、私にとって唯一絶対の未来の為に……。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/05/27(水) 22:48:02|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DL

一人の魔女が、夢を見た。
その夢は、あまりにもささやかで。ちっぽけなものだった。
けれど。それは全ての魔女達にとって、最大の禁忌であった。
魔女は、彼女達の世界から逃げ出した。己の願いを叶える為に、一つの秘宝を盗み出して。

結論から言えば。魔女の願いは、叶った。
だが、それ故に。秘宝をめぐる物語が、始まる。
魔法を使えない魔法使い。欺瞞を嫌う九尾の妖狐。血を吸わない吸血鬼。純情なサキュバス。満月に怯える狼男。
致命的な問題を抱える彼等の前に。何も問題を持たない、一人の魔女が現れる。
それをきっかけに。彼等の日常は、少しずつ軋み始める。

「俺の望みは、救われる事。皆が、笑っていられる事」
「良かろう。お前を、彼等を、救ってやろう」

裏切りと自己犠牲。その果てにある、結末とは。
DL(仮)、執筆予定。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/25(土) 00:21:35|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒーロー。

誰もヒーローになんかなれない。
ずっとずっと、夢見ていた。どんな理不尽をも、どんな不条理をもはねのける、圧倒的な力を持ったヒーロー。
ヒーローになりたかった。色々な漫画を見るたびに、こう思った。
「なんでここでこうするんだろう。俺ならこうする」
力が欲しかった。ヒーローのような力が。
ヒーローの中のヒーローになりたかった。無限の力なんてなくても、限られた力でも、漫画のヒーローより格好良くある自信はあった。
だけど。そんな事は無理なんだ。
漫画の中のヒーローだって。皆、悩みを抱えているんだ。だから、過ちを繰り返すんだ。
俺は、自分の悩みを客観的に見る事は出来ない。たとえ力を手に入れられても、俺は結局どこにでもいるヒーローにしかなれない。
だから俺は、ヒーローになれない。ヒーローにならない。通行人Aが良いところだ。
そう思い知ったある日。俺は初めて、心の底から神に祈った。
……どうか。悪になれますように。
全ての心を捨てて。非情な魔王になれますように。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/07/09(水) 21:28:11|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

「何だ、この煽り文……」(byセンカ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルコレ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。