まったりのったりぐでぐで日記

本ブログは、一人三役でお送りする日記もどきです。
たまに小説も載っけます。
更新がとびとびなのは……どうか、堪忍を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お久しぶりな更新です

 もうちょっとこまめに更新したいなあと思う今日この頃。皆々様はいかがお過ごしでしょうか?
「て言うか、なんでこんなに更新が遅いんだ?」
 えーと……まあ、ね。ぶっちゃけ面倒くさいの。
「面倒~?」
 ネット出来るのが二回のめーちゃんの部屋なんだけど、俺の部屋って一階でさ……それに、何て言うか、こう……めーちゃんの椅子、俺には合わん。
「よく分からんが……とにかく、手間隙がかかるからあまりネットをしないと?」
 うい。携帯からって手も無い事はないけど……それなら、普通に繋いだ方が簡単だし。そういう訳で、実に……えーと、四日ぶりかな? 更新もそうだけど、ネットに繋ぐこと自体が久しぶりなんだよ……
「この状態っていつまで続くんですか~?」
 取り合えず、一人暮らし……もとい、二人暮らしを始めるまでかな? 俺のパソコンがネットに繋ぎっぱなら、小説を書く前に一通りネットするしねえ。
「という訳で、以下はちょいと遅めのコメント返しだ」

 あはははは。はあ……
「……どした?」
 いや、風邪はもう治ったんだけどね……どうも、また欝モードになっちゃったらしくてさ……
「お体の調子ぃ、いまいちなのですか~?」
 うん……やっぱ、急に薬をやめたのがまずかったかな……という訳で、また抗欝剤っぽいのを飲んでます。飲んでないと頭が働かなくて、小説が進んでくれないんですよ……まあ、ゲームくらいなら出来ますけどね。

 まあ、雹菜さんは女性ですからね。でも、何と言うかこう……やっぱり、どうにも気恥ずかしいのですよ……
 お気持ちは分かります。私だってそうですし……まあ、「自意識過剰よりはマシだろう」と思って、自己完結してたりもしますけどね。
 うっ……あ、有難う御座います。でも、自分でそう思えないんですよね……そう言えば昨日、親に「お前って自分に厳しいよな」とか何とか言われたりもしたのですが……。

 ……どうなんでしょうね? まあ、頻繁に書いてたら来る可能性が増えるとは思いますが……書かなかったからといって、全く来なくなる訳でもないんですよね……

 凄いですよ~。もう、色々と凄いですよ~♪
 そのラヴラヴっぷりもさることながら、戦闘能力も桁違いですから……まさしく「最強の馬鹿ップル」です(笑)
 まあ、慣れは大事ですよね。……それで、どうでした? 最後まで読むことは出来ましたか?

 取り敢えず、熱くなり過ぎちゃ駄目ですね。心を許せる友人相手ならともかく、それ以外の人には出来うる限り冷静に〈最善の対処〉をしなければ……。最悪なのは「売り言葉に買い言葉」状態で、ヒートアップし過ぎてしまう事ですね。
 「この二人、あからさまにべったりし過ぎだろう……」ってのは駄目です。と言いますか、あやふやな時点で駄目です。はっきりと「そういうのには興味無いっていうか気色悪い」って、本人達に明言してもらいたいんですけどねえ……
 ああ、そういうのも結構ありますよね。苦手だったものがいつの間にか平気になってるのって。……私は逆に、平気だった物がいつの間にか苦手になってたりもしますけどね……昔は、毛虫やらナメクジやらも素手で触れたんですが……今では、流石に抵抗がありますね……
「……そういえば、お前の中学生時代の部活で、虫が大の苦手だった先輩がいたんだろ?」
 ああ、いたねえ。何せ田舎だからさ。秋にベランダに出ると手すりに蜻蛉が止まってるんだよね。それもしょっちゅう。
「それでぇ、U様はそれを捕まえてたんですね~?」
 昔は蟷螂を飼ってた事もあったからなあ。蜻蛉は結構大きいし、簡単に捕まえられるし、蟷螂の餌としては中々良い代物だったんだよね……
「で、トラウマ?」
 うん、とある年の秋は、蜻蛉が全然出なくてさ……蟷螂は捕まえてたんだけど、そのうち蟷螂が餌不足でやせ細ってきて……
「……きて~?」
 栄養不足と感じたのか、蟷螂の腹から寄生虫が出てきたのだよ!
「ハリガネムシ……だっけか?」
 そうそう、そんな名前の。いやあ、ピクピクと痙攣する蟷螂。のたうちまわる寄生虫。あれは、純真な子供には結構なトラウマになったよ……という訳で、あれ以来蟷螂は飼ってないなあ。
「……あのぉ、ものすごくお話がずれてませんか~?」
 あ、そうだった。で、蜻蛉を捕まえる訳だ。でもって、その先輩の眼前に突き付けて……
「……苛めか?」
 「苛め」ってほどじゃないと思うけどな。俺はあの頃から悪戯好きで、誰かを驚かすのが楽しくて仕方なかったんだと思う。……でも、今思うとあの先輩には悪い事をしたなあ……
「……もしかしてぇ、気があったのですか~?」
 あー……良い先輩ではあったけど、恋愛対象じゃあなかったと思うぞ? なんだろう……とにかく、リアクションが面白いから、ついついちょっかいを出しちゃうんだよね……
「泣かせた事は?」
 いや、それは流石にないって。おれは苛めてた訳じゃなくて、驚かせてからかって遊んでたんだから。……ま、どっちにしろ今から思い返せば、結構酷い事をしたなあ……とか思うわけだが。
「ていうか……お前、先輩相手に一人で喧嘩を売ってたのか?」
 いや、友達と共闘してた。先輩とはいえ女一人VS後輩とはいえ男二人だからな。……まあ、もう昔の事だからよく覚えてないが……ある意味、「良いライバル」的な関係だったような気もする……
「よく分かりませんね~……」
 あの人、微妙に男っぽいところがあったからなあ……まあ、友達予備軍って言うか……そんな感じの付き合いだったよ。多分。
「じゃ、次のコメント返しだ」

 もう見ましたよね? あんなぬいぐるみです(笑)

 まあ、さくらさんのお言葉を借りるなら、「恋する気持ちを忘れない限り、その女性は「女の子」」らしいですが……取り敢えず、私は十代後半までが「女の子」だと思ってます。
 ……切ないですね……私の場合、微妙に老け顔なんで……二十歳前なのに「おじさん」とか言われそうで……何か、嫌な感じですね……
 ……あ、そういえば。ずっと昔、まだ小さかった頃なんですけど……何故か「お嬢ちゃん」って言われた事があるんですよ。何故か、女の子に間違われたんですよ。確か、小学校低学年ぐらいだったと思いますが……あー。そういえば、その頃から私の足は大きかったなー……
「こら、話がずれてるぞ」
 いやね、確か保育園の頃だったかな……保母さんに「足大きいね。お相撲さんになれそうだね」とかなんとか言われたような記憶があるんですよ……思い起こせば、あの頃からか……
「今では、立派に30cmですしね~」
 足だけやたらとでかいんだよね。そのくせ、あまり背は高くないし……むしろ若干低め。……はあ。せめて、あと五cmは欲しかったな~……
「だから、話がずれてるって」
 あ、そうだね。えーっと……ま、良いや。次に行こう。
 と言いますか、ツッコミどころ満載ですよ……やっぱり、テレビか何かでやったんでしょうかね?

 心理テストの補足は……案外、当たってるかもしれません(笑)
 まあ、「当たらずとも遠からず」という表現が一番近いですかね。

 さて……他にもバトンとか、心理テストとか、書きたい事は結構あるんだけど……
「飯の時間か?」
 うい、むっしゅ。という訳で、取り敢えず一旦落ちるでやんす。
「ではぁ、今回はこの辺で~?」
 うむ。ぐっばいさ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/08(水) 12:17:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<バトン&心理テスト | ホーム | うにょー。>>

コメント

 薬ですか……あ~、私も昔そういったのを飲んでいました。今は、そういったのは無いらしいですが。でも、あれって……効くのですかね? 私、飲んでいても飲まなくても同じだった様な……一日経てば鬱状態じゃなくなるのは前からだったし……そして、鬱状態の時の記憶がほとんど無いんです。……ちょっと問題ですよね。何言ったか全く覚えてないんですよ。

 そうなんですか? でも、「女性だからこそ恥ずかしいものじゃないの?」とか、母に言われちゃいました。私は、恥ずかしがる基準がどこかずれてるらしいです。だって、女の子らしい可愛い物を買う時が凄く恥ずかしいですから。母に「……どんな基準なの?」って、言われちゃいましたからねぇ……
 そうですね……私も、そんな感じで自己完結させてますよ。
 ……そうですか……私は、素敵な方だと思うのですが……
親にそう言われましたか……私も母と祖母に「あんたは、自分に厳しすぎる。もっと自信を持ちなさい。完璧な人間なんていやしないんだから。」って、言われました。……でも、厳しくしているつもりは無いんですけどね? 私はよく、完璧主義者と言われます。……だから、無意識の内に自分に厳しくなってしまっているのですかね?

 そうなんですよね……全く来なくなる訳ではないし……う~ん……

 凄いですね……戦闘能力も桁違いって……うん、まさしく「最強の馬鹿ップル」に相応しい2人ですね♪
 ですね。……う……あぅぅ……まだ、76位までしか……読めてません。

 そうですね。冷静に対処をしないと、とんでもない事になってしまったりもしますからね……喧嘩って、大体「売り言葉に買い言葉」状態ですよね。女の子同士の喧嘩って、怖いですよ~。周りを巻き込みますから……とにかく周りの人を味方にしようとするんですよね……見ていて、怖いです。私は大体どっちの味方にも付きませんけどね。大体、喧嘩の仲裁役です。……精神的に疲れますよ。
……そういえば、敵は作っても喧嘩は……小学4年生の頃までしかやってないです。今じゃ、「……なんで喧嘩なんかするの?」とか、言うほどですし。
 ……そうですね。私も、女同士でもべったりは……ちょっと……嫌です。若い女の子って、友達同士で抱き付いたりするじゃないですか。私は、あれすら出来ませんから。
 ありますよね。私は、昔犬が苦手でしたが、今では大の犬好きです。……私も、反対はありますよ。昔は、普通に虫とかを触っていましたが、今では全然です。
う……それは、確かにトラウマになりそうですね……うわ~……想像するだけでも気持ち悪い……
……結構、酷いですね……でも、私がやられたのよりマシか……私は、ゴキブリを投げつけられた事があります。……あれは、泣きました……

 見ました。……ブログにものせましたが、私は似ているぬいぐるみを持っています。……多分、牛です。友達には、謎の物体扱いされましたよ。

 う~ん……何だか難しいです……
十代後半……だったら、私も「女の子」に入ってしまうのですが……なんだか、私が「女の子」に入るのは図々しい気がしてなりません……
 ……それなら、未だ良いですよ。私なんか、おばさん・おじいさん・おばあさんに子ども扱いされるんですから……絶対に高校生とは見られていないです……あぅぅ……結構ショックですよ……
 う~ん……私は、小学校高学年になっても、「坊ちゃん」とか言われていました。いえね? 髪が短いのもあるんですよ? でもさ……小学6年生になっても、男の子と間違われるって……なんでしょうね……
足、大きいんですね~。……私も、大きいですが。そのせいで女の子らしい靴なんて履けません。工事現場のおっちゃんが履くような靴しか履けないんですよね……あぅぅ……そして、そのくせ背は大きい方ではないですし……
……大丈夫です。私のはとこなんて、私より背が小さいですから。……はとこは、私より一つ上です。
ですよねぇ……変な歌詞ですよね。テレビ……そうかもしれませんね。

 そうでしたか。……「当たらずも遠からず」……なんだか、微妙ですね。
  1. 2006/03/08(水) 15:32:06 |
  2. URL |
  3. 雹菜 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uoudohi.blog11.fc2.com/tb.php/581-9cf255d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

「何だ、この煽り文……」(byセンカ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルコレ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。